生命保険の見直しならアドバイザーにご相談。無料相談受付中!

e-hoken.comは2000年に開設し、12年目を迎えました。
保険料の負担(支払総額)を軽くしませんか!
保険相談なら10年の実績を有する信頼できるe-hokenで!
信頼できる認定FPがあなたの期待にお応えします!

  1. トップページ
  2. CFPばんの・あきこの女性のためのマネーコラムTOP
  3. 第3回 ライフステージ別保険選び【独身編】

マネーコラム 第3回 ライフステージ別保険選び 【独身編】

独身のための保険選びについて「まずは医療保険!」

生命保険の見直し術

大切なのは「今の自分にあっているか?」。

坂野一口に保険といっても、その種類は多岐にわたります。 細かくみれば、リスクの数だけ保険があると言ってもいいくらい。 全部心配だから、全部加入、はムリだし、ナンセンス。

大切なのは、今の自分にとって、 心配事が現実になったときに、どれくらいの備えがあれば経済的なダメージを緩和できるか?ということ。

それはその人の置かれた状況(仕事、家族構成、借金の有無、貯金の額、今後のライフプランetcなど)によって変わってくるものなので、自分のライフスタイルに照らし合わせ、賢くセレクトしたいものです。

今回からは、それぞれのライフステージ別に 保険選びのポイントをお伝えしていこうと思います。

独身でまだ若く、保険があまり身近でない方は、まずは医療保険

まずはいつ起こるかわからない病気・ケガに備えた医療保険は準備したいところ。

医療保険入院や手術にかかる費用をまずは自分の貯蓄から捻出することになるので医療保障に関しては、貯蓄がまだ十分でない若い頃こそ保険があると安心!と言えるかもしれません。
(社会保障でまかなわれる部分もありますが、基本的にはまずは自分で払って、後から申請して給付を受けることになる場合が多いようです。)
社会保障で全てがまかなわれるわけではないですし、
がんばって貯めてきた貯金が医療費でどんどん減っていっては、不安で治療に専念するのも難しいのでは?

 

 


こんなとき、医療保障があれば、そういった経済的損失を補うことが出来ます。

死亡保障は特別な事情がなければ必要性は低い!

坂野死亡保障(いわゆる「生命保険」)に関しては、独身の場合、
残された親・兄弟に金銭的な負担を負わせる可能性(車のローンなどの借金がある、など)がない限り、一般的には加入の必要性は低いと思います。
親御さんが負担することになる「お葬式代」くらいは残してあげると親孝行ではないでしょうか?

次回は、
「新婚さんや結婚を控えた方」のポイントをお伝えします。

 

コラムTOPへ戻る

【坂野亜希子(ばんの・あきこ)さんプロフィール】

CFP 一級ファイナンシャル・プランニング技能士
鹿児島県出身。慶応義塾大学卒業。
学生時代にファイナンシャルプランナーの仕事に興味を持ち、
「近い将来絶対に必要になる仕事だ!」と意気込む。
FPとしての修行の場として第一生命に入社。
FPとして富裕層、中小企業向けの各種コンサルティング業務に携わり、
その後、本社にて社内FPの活動支援、教育研修、戦略立案、などの業務を担当する。
第一生命を退社後、会計系コンサルティング会社を経て、
現在は独立系ファイナンシャルプランナーとして活動中。
とくに、女性向けセミナーに特化して、個別のコンサルティングも行っている。
近年、そのノウハウ実績を買われ、金融機関からの講演依頼も受けている。

東京近郊の個人の方のFP相談(有料)も行っています。 料金はお問い合わせください。
例)個人のライフプラン、マネープラン、ライフリスクに関しての3時間程度の相談・・・2万円
例)経営者、資産家の投資や資産運用についての3時間程度の相談・・・5万円
例)数十人の前での資産やマネーに関する2時間程度のセミナーや講演・・・10万円
お問い合わせはe-hokenまたは「ハッピー・マネー・カウンセリング・オフィス」のサイトまで

いい保険相談申込